資生堂子ども財団は、子どもたちが笑顔で自分らしく輝ける未来をつくるために様々な活動をおこなっています。
あなたに合ったご支援の方法で子どもたちの未来を変えていきませんか?

寄附で支援する

社会的養護下で暮らす子どもたちの進学や自立を寄附で支える

奨学生応援サポーター

資生堂子ども財団奨学金は、社会的養護下で暮らす高校生を対象とする給付型奨学金です。大学、短大、専門学校に進学する子どもたちに、年50万円を給付します。加えて、交流会の開催や生活用品の支給も行っています。
設立35周年事業として2007年に開始された本奨学金は、これまで88名の奨学生を支援してきました。

現在、16名の奨学生が在籍しています。

奨学生の声

奨学金のおかげで大学での教育を受け、新たな交わりや環境との出会いを経験できています。昨年は学業に加えて部活やアルバイト、語学留学など充実した日々を過ごしました。今後も社会に貢献できる人財になるために様々取り組んでいきたいです。
(現役奨学生 2年生)

自分の将来の夢であった幼稚園教諭になることが出来ました。私が夢を叶えるために短大に行くことが出来たのは、みなさまのご寄附があったからであり、とても感謝しています。子どもに1番に寄り添える保育者としてこれから努力し続けたいです。
(2022年度 卒業生)


「奨学生応援サポーター」として
子どものたち進学・自立を
支えていただけませんか

一回だけのご寄付はこちら  |  
奨学生応援サポーターについてはこちら

使徒を指定せず、資生堂こども財団の活動全体を支える

事業活動全体へのご寄附

私たちは、子どもたちの未来を創る「子どもへの支援」、子どもたちを育む人が学ぶ機会を創る「子どもを育む職員への支援」、子どもたちを皆で支える社会を創る「広く一般の方々に向けての情報発信」の活動に取り組んでいます。

あなたの想いを子どもたちの輝きにつなぐ

遺贈でのご寄附

「次代を担う子どもたちの成長を応援したい」
「子どもたちの未来に向けて想いを託したい」
みなさまの温かい想いによって、子どもたちは自身の置かれた環境によって将来の選択肢を制限されることなく、自分らしい人生を歩むことができます。
資生堂子ども財団は三井住友信託銀行株式会社と提携し、遺贈寄附をご希望される方に、遺言を利用した遺贈に関する相談窓口をご紹介しています。

遺贈ご検討の流れ

  • 遺贈をご検討されている方

    資生堂子ども財団への
    問い合わせ
  • 遺言を利用した
    遺贈に関する相談窓口
    (三井住友信託銀行)
    のご紹介
  • 相続・遺言に関する相談、
    遺言書の保管および
    遺言の執行にかかる
    一連のサービスの提供

まずは当財団へお問い合わせください

知る・学ぶ

「子どもの社会課題」ページの写真

⼦どもを取り巻く現状を知る

「子どもの社会課題」ページ

親と離れて施設や里親のもとで暮らす子どもは⽇本に約42,000人います。まずは、子どもたちの現状を知ることから始めてみませんか?

はぐりぃ らぶりぃの写真

⼦育てのノウハウや情報を提供するWebサイト

はぐりぃ らぶりぃ

子育て中のお母さん、お父さんの悩みや不安について、子育ての経験や知識が豊富な「ぐらんま」が優しくアドバイスしてくれます。

情報誌「世界の児童と母性」の写真

最新の専門情報を幅広く発信する

情報誌「世界の児童と母性」

児童福祉情報の専門誌として、今日的あるいは先進的なテーマを設定し、国内外の専門家による研究・考察を幅広く収集し、発信しています。

そらまめガイドの写真

自立に役立つスマホ版情報サイト

そらまめガイド

仕事のことや、人には相談しにくいカラダのこと、冠婚葬祭のマナーなど幅広くイラスト付きで解説しています。

監修

社会福祉法人/大阪児童福祉事業協会/アフターケア事業部

制作協力

特定非営利活動法人NPO STARS

海外研修ダイジェストの写真

海外の最新の児童福祉情報を学ぶ

海外研修ダイジェスト

資⽣堂児童福祉海外研修の参加者がまとめた海外研修報告書の情報から、エッセンスを抽出してご紹介しています。

資生堂子ども財団からの情報を受け取る

SNSをフォローする

資生堂子ども財団の取り組みや実施している助成について最新の情報を発信しています。

お知らせ記事を読む

資生堂子ども財団からのお知らせや活動のレポートなどを発信しています。

子どもたちが希望をもって生きていける社会の実現を目指し、
資生堂子ども財団とともに子どもを支える仲間を探しています。

寄付募集LP(support.html)

寄附で応援する

トップ戻る