社会的養護に携わる方々へ

研修等への助成

  • シェアする

  • ツイートする

  • LINEする

助成について

資生堂子ども財団は、施設職員や里親など社会的養護に携わる方を対象に開催されている下記の研修・表彰に助成を行っています。

■家庭養育機能支援 子育てワークショップ

主催:日本キリスト教児童福祉連盟
児童養護施設・乳児院・母子生活支援施設・保育所など、様々な施設の職員を対象とした研修です。子どもや家庭支援に携わるという共通の実践を基本に、専門的理論や体験学習を通して学び合うことで、支援における専門職の重要性を再確認するとともに、施設内のチームワークを促進し、専門性を向上させ、子どもと家庭に対するより良い支援につなげていくことを目指しています。

■全国児童家庭支援実務者研修会

主催:全国児童家庭支援センター協議会
児童家庭支援センターの職員の専門性や実務能力向上を目的とした研修です。2022年に児童福祉法が改正され、地域在宅支援にかかる社会的養育ソーシャルワークの充実が喫緊の課題となっている中、重要な役割を担う児童家庭支援センターにおける実践的課題解決につながる研修として期待されています。

■全国里親功労表彰

全国里親会主催の「全国里親大会」のなかで実施される優秀里親表彰の記念品に助成しています。本表彰は、優秀なご活動をされた里親の方々を表彰し、里親の労を労うことを目的に実施されています。
社会的養護下で暮らす子どもたちのうち、里親のもとで暮らす子どもたちは、約2割です。 厚生労働省により家庭的養護強化の方針が打ち出され、今後は里親の重要性・存在感が増すと考えられます。

  • シェアする

  • ツイートする

  • LINEする

一覧へ戻る

トップ戻る